自動車の彫刻 ウッドカーズ

フェラーリ・グッズ

オーダーメイド・フェラーリ・グッズ

1962/フェラーリ 156-F1

フェラーリ グッズ


フェラーリ 雑貨


フェラーリ 木製 オブジェ
オーダーメイド・フェラーリ


実車概要:フェラーリ156F1は、スクーデリア・フェラーリが1961年から1964年にかけてF1世界選手権で使用したフォーミュラ1カー。車名の156は「1,500ccの6気筒エンジン」をあらわす。フェラーリとしては初のミッドシップF1マシンであり、1961年にコンストラクターズタイトルとドライバーズタイトル(フィル・ヒル)の2冠を獲得したのです。

1961年、F1のエンジン排気量制限が2.5リッターから1.5リッターに引き下げられたため、フェラーリは「ディーノV6」として知られるF2用1.5リッターV6エンジンを搭載する156F1を開発した。バンク角65度のTipo178エンジン(180馬力)はコヴェントリー・クライマックスエンジンやポルシェの空冷式水平対向エンジンを20馬力以上しのいでおり、シーズン中には低重心化とパワーアップを狙った120度広角タイプ(190馬力)も投入した。 シャーシは遅まきながらFR方式に見切りをつけ、暫定テスト車246P[1]とF2用の156F2[2]を経てMR方式を正式に採用した。フロントのエアインテークは鼻孔のように左右分割されており、「シャークノーズ」というニックネームが付けられた。設計者のカルロ・キティにちなんで「キティ・ノーズ」とも呼ばれ、250TR61年型(250TR/61)などの競技用スポーツカーにも用いられている。短く尖ったノーズから車体後部へと絞り込まれていく個性的なボディラインは、フェラーリの歴代F1マシンの中でも人気が高いデザインのひとつである。 156F1はデビューシーズンに大成功を収めたが、翌年にはイギリス勢の巻き返しにあい競争力を失った。キティに代わり開発責任者となったマウロ・フォルギエリがイギリスの技術的優位を取り入れた結果、後期型の156F1はオリジナルの面影を残さないほどの改修を施された。

参考文献:ウィキペディアより引用しています。
ウィキペディア「フェラーリ・156F1」


新潮社様 エンジン No.15で記事を掲載して頂きました。
新潮社 engine

新潮社 エンジン


■information

自動車の彫刻 ウッドカーズ

お問い合わせ

ご注文(通常)

ご注文(オーダーメイド)

見積もり依頼

送料

お支払い方法

納期

特定商取引法に関する表記

個人情報の保護

インスタグラム




Copyright (c) 2016-2018 WOOD CARS / Sho Yokoi